横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル

等の室内濃度測定マニュアル 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物

Add: ukicak81 - Date: 2020-11-18 18:51:18 - Views: 374 - Clicks: 5349

平成21年11月2日 気水第137号PDFファイル/117KB 二酸化炭素の排出の抑制に関する指針の廃止について 13. 本法は厚生省が作成した各化学物質の室内空気濃度指針値が満たされているかどう かを厳密に判定する為の標準的方法を定めたものである。 対象となる揮発性有機化合物は、ホルムアルデヒド、エチルベンゼン、 o-,p-,m-キシ. 作業環境測定 粉じん・特定化学物質・重金属類・有機溶剤 産業廃棄物の分析. 横浜市建築局 機械設備工事特則仕様書 平成24年5月 本書の取扱いについて 1.本書の位置付け及び構成 この「横浜市建築局機械設備工事特則仕様書」は、国土交通省大臣官房官庁営繕部監修「公共 建築工事標準仕様書(機械設備工事編) 」に定めている事項に追加、補足するものであり、横浜.

「ばい煙」とは、物の燃焼等に伴い発生するいおう酸化物、ばいじん(いわゆるスス)、有害物質(1)カドミウム及びその化合物、2)塩素及び塩化水素、3)弗素、弗化水素及び弗化珪素、4)鉛及びその化合物、5)窒素酸化物)をいう。大気汚染防止法では、33の項目に分けて、一定規模以上の施設が「ばい煙発生施設」として定められている。 ばい煙の排出基準は、大別すると次のとおり。 一般排出基準: 1. NEDO 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構. 国の施策:科学的知見の充実、健康リスク評価の公表等 2. 化学物質の安全性影響度の評価に関する指針word(ワード:106KB)pdf(PDF:245KB) ※「廃棄物の発生の抑制及び適正な処理に関する指針」は、平成24年9月30日限り廃止しました。. 20ppm) エチルベンゼン: 3800μg/㎥(0. 公共建築設備工事標準図(電気設備工事編) 平成31年版 平成31年3月20日 国営設第188号 この標準図は、国土交通省官庁営繕部及び地方整備局等営繕部が官庁施設の営繕を 実施するための基準として制定したものです。 平成19年6月29日 気水第88号PDFファイル/109KB 暫定排水基準の見直しについて 10.

7) 1.適用範囲 このマニュアルは、横浜市公共建築物シックハウス対策ガイドラインに基づき、建築 局が所管する新築、増築、改築及び改修工事(防水、外壁等の屋外改修. をいう。)及び関係邪局の遚切な対応により,室内空気中の揮発性有機化合物 (VOC)等の濃度を低減し,市民や職員が快遚で安心して利用できる施設を確 保することを目的とする。 333 3 対象の建築物対象の建築物. 平成21年5月1日 気水第23号PDFファイル/84KB 日本標準産業分類の公示の改正に伴う県規則の改正について 12. 「横浜市公共建築物シックハウス対策ガイドライン」に基づき、 「横浜市まちづくり調整局所管工事揮発性有機化合物(voc)等の室内濃度測定マニュアル」 による濃度測定を行い、測定結果が基準値以下となっています。. See full list on pref. をいう。)及び関係部局の適切な対応により,室内空気中の揮発性有機化合物 (VOC)等の濃度を低減し,市民や職員が快適で安心して利用できる施設を確 保することを目的とする。 3対象の建築物 本市が管理(指定管理者による管理を含む。. 辰巳川崎市川崎区小岛町财)东京都环境 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル 整.

「揮発性有機化合物」とは大気中に排出され、又は飛散した時に気体である有機化合物(浮遊粒子状物質及びオキシダントの生成の原因とならない物質として政令で定める物質を除く。)をいう。大気汚染防止法では、9の項目に分けて、一定規模以上の施設が「揮発性有機化合物排出施設」として定められている。 揮発性有機化合物の排出及び飛散の抑制に関する施策は、揮発性有機化合物の排出の規制と事業者が自主的に行う揮発性有機化合物の排出及び飛散の抑制のための取組とを適切に組み合わせて効果的に実施することとされている。 揮発性有機化合物排出者は、排出基準を遵守する義務がある。 また、これに違反するものに対し、都道府県知事等は、揮発性有機化合物の処理の方法の改善等や使用の一時停止を命ずることができる。 必要な措置を事前に講じさせるために、揮発性有機化合物排出施設を新たに設置又は構造等の変更をしようとする者は、あらかじめ(60日前まで)、管轄都道府県知事等に所定の事項を届け出なければならない。都道府県知事等は、その内容を審査し、当該施設が排出基準に適合しないと認めるときは、その届出を受理した日から60日以内に限り、計画の変更又は廃止を命ずることができる。 揮発性有機化合物排出者は、施設から排出される揮発性有機化合物濃度を測定し、その結果を記録しておかなければならない。また、都道府県等の職員は、揮発性有機化合物排出者が排出基準を守っているかチェックするため、工場・事業場に立ち入ることや必要な事項の報告を求めることができる。 大気汚染が深刻な状態(政令で定めるレベル)になったときは、都道府県知事又は北九州市の長は、一般にその事態を周知させるとともに、揮発性有機化合物排出者に対して、排出濃度の減少等を要請することとなっている。. 横浜市建築局電気設備工事特則仕様書 5 5 5 電気設備工事施工マニュアル(横浜市建築局編集) 6 6 6 学校標準図 7 公共住宅建設工事共通仕様書(国土交通省住宅局住宅総合整備課監修) 7 公共建築工事標準仕様書(電気設備工事編). 特定粉じん(石綿)に係る規制: 発生施設: 2. 88ppm) スチレン: 220μg/㎥(0. 吹付け石綿等が使用されている建築物その他の工作物を解体・改造・補修する作業における作業基準 粉じん発生施設を設置しようとする者や特定粉じん排出者などは、法律に定められた基準を遵守する義務があり、これらを違反する者に対し、都道府県知事等は、基準の適合や一時使用停止を命ずることができる。 一般粉じん発生施設、特定粉じん発生施設を新たに設置又は構造等の変更をしようとする者もしくは特定粉じん排出等作業を行おうとする者は、事前に(特定粉じん発生施設;60日前、特定粉じん排出等作業;14日前)、管轄都道府県知事等に所定の事項を届け出なければならない。また、特定粉じん規制については、都道府県知事等は届出内容を審査し、当該施設等が基準に適合しないと認めるときは、計画の変更等を命ずることができる。 特定粉じん発生施設を設置している者は、工場等の敷地境界における石綿濃度を測定し、その結果を記録しておかなければならない。また、都道府県等の職員は、粉じん発生施設を設置しようとする者や特定粉じん排出者などが基準を守っているかチェックするため、工場・事業場に立ち入ることや必要な事項の報告を求めることができる。. 「粉じん」とは、物の破砕やたい積等により発生し、又は飛散する物質をいう。このうち、大気汚染防止法では、人の健康に被害を生じるおそれのある物質を「特定粉じん」(現在、石綿を指定)、それ以外の粉じんを「一般粉じん」として定めている。 1. 分享于:41:0. 近年、有害物質による土壌汚染事例の判明件数の増加が著しく、土壌汚染による健康影響の懸念や対策の確立への社会的要請が強まっている状況を踏まえ、国民の安全と安心の確保を図るため、土壌汚染の状況の把握、土壌汚染による人の健康被害の防止に関する措置等の土壌汚染対策を実施.

栗田工業がVOC汚染土壌・地下水浄化システムを開発 環境新聞00/06/14: 栗田工業は、揮発性有機化合物(VOC)で汚染された地下水と土壌を、原位置で安価に、数カ月から1年程度の短期間で浄化する「原位置酸化分解法」を開発しました。. 平成16年4月1日 気水第225号PDFファイル/228KB 屋外燃焼行為の制限の見直し、環境汚染発生時の処置、土壌汚染未然防止対策の強化等について 8. 施行通知(PDF:87KB) 3.

建築基準法に基づくシックハウス対策に係る規制は、平成15年7月1日以降に 着工された建築物(同年6月以前に確認済証の交付を受けたものを含みます。)に適用され、同年6月以前に着工されたものには適用されていません。. 平成15年3月31日 気水第285号PDFファイル/162KB 土壌汚染対策法の制定に伴う運用通知(平成10年3月31日)の改正について 6. 「有害大気汚染物質」とは、低濃度であっても長期的な摂取により健康影響が生ずるおそれのある物質のことをいい、科学的知見の充実の下に、将来にわたって人の健康に係る被害が未然に防止されるよう施策を講じることとされている。 該当する可能性のある物質として248種類、そのうち特に優先的に対策に取り組むべき物質(優先取組物質)として次の23種類がリストアップされている。 大気汚染防止法では、有害大気汚染物質対策の実施に当たり、各主体の責務を定めている。 1. 年12月20日 環境省より、pcbを含有する汚染物(pcb濃度0. 一般粉じんに係る規制: 破砕機や堆積場等の一般粉じん発生施設の種類ごとに定められた構造・使用・管理に関する基準 2.

平成24年11月28日 気水第154号PDFファイル/71KB 事故時の処置の対象物質の追加について 16. See full list on env. 国民の努力:排出抑制等 有害大気汚染物質については、十分な科学的知見が整っているわけではないが、未然防止の観点から、早急に排出抑制を行わなければならない物質(指定物質)として、1)ベンゼン、2)トリクロロエチレン、3)テトラクロロエチレンの3物質が指定され、それぞれ排出抑制基準が定められている。. さいたま市の大気規制(揮発性有機化合物voc、炭化水素類)(pdf形式:3,929kb) 自主的取組 目標の3割削減のうち、法規制によって削減できる排出量は1割程度と見込まれており、自主的取組によるVOC削減がとても重要となっています。. 横浜市建築局所管工事、揮発性有機化合物(voc)等の室内濃度測定マニュアル(平成27年7月改定)(pdf:221kb) (旧24年6月版)(pdf:907kb) 6: かし修補確認実施要領(平成27年4月改定)(pdf:629kb) 11. 特定有害物質又はダイオキシン類による土壌の汚染状態その他の事項の調査及び汚染土壌による人の健康又は生活環境に係る被害を防止するために講ずべき措置に関する指針(平成31年3月26日付け改正を反映したもの)(ワード:171KB)(PDF:540KB) 4.

特則仕様書関連要領等; 特則仕様書関連要領等 ページ数; 本市工事に伴い排出する建設副産物の処分要領-横浜市建築局所管工事、揮発性有機化合物(voc)等の室内濃度測定マニュアル(平成27年7月改定)(pdf:221kb) (旧24年6月版)(pdf:907kb) 平成29年5月19日. 施設管理者が行う揮発性有機化合物(VOC)等室内濃度測定マニュアル • l 0 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル 3. 周辺の地域の生活環境に及ぼす影響の把握に関する指針Wordファイル/55KBPDFファイル/113KB 6. 施行通知(PDF:110KB) 3.

横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル その他の測定分析業務 河川水の粒度分析業務. 平成15年4月1日 気水第50号PDFファイル/243KB ディーゼル車の運行規制等の「自動車の使用に伴う環境負荷の低減」の改正について 7. 化学物質の適正な管理に関する指針Word:48KBPDF:122KB 7. 平成14年6月24日 気水第85号PDFファイル/187KB ほう素等3物質の特定有害物質等への追加指定、環境管理事業所の欠格事項に係る法律の追加について 5. 「揮発性有機化合物排出施設」を設置し、又は構造等を変更しようとする者は、工事着手の60日前までに、都道府県等へ届出が必要です。 「揮発性有機化合物排出施設」の設置者は、排出基準を遵守するとともに、揮発性有機化合物濃度の測定を実施する. 1 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物(voc )等の.

県条例の施行・運用のために以下のとおり施行通知を公布しています。 1. 揮発性有機化合物(VOC)対策 大気環境・自動車対策. このマニュアルは、横浜市公共建築物シックハウス対策ガイドラインに基づき、 建築. 揮発性有機化合物排出施設の届出義務、排出基準の遵守義務、VOC濃度の測定義務等を 課すこととしている。 これを受けて、同年7月1日、揮発性有機化合物排出施設の指定、排出基準値の設定等. 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物(voc)等の 室内濃度測定マニュアル(h27. 工場・事業場の敷地境界における大気中濃度の基準(1リットルにつき石綿繊維10本) 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル 排出等作業: 2. 新旧対照表(PDF:71KB) 2. 夏のvoc排出削減にご協力をお願いします! 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル 揮発性有機化合物(voc)の排出削減について; 平成14年度大気環境、水環境の状況等(記者発表資料) 平成15年度大気環境、水環境の状況等(記者発表資料) 平成16年度大気環境、水環境の状況等(記者発表資料).

建築物等を解体し、改造し、又は補修する作業を伴う建設工事(「解体等工事」といいます。 )の受注者(又は自主施工者)の方は、 当該工事が大気汚染防止法上の特定工事 (特定粉じん排出等作業を伴う工事) に該当するか否かについての調査 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル を行う. 平成10年3月31日 環総第128号PDFファイル/609KB 県条例制定後の全体的な運用について 2. 大気汚染の深刻な地域において、新設されるばい煙発生施設に適用されるより厳しい基準(いおう酸化物、ばいじん) 上乗せ排出基準: 横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル 1. 環境への負荷の低減に関する指針(旧:公害の発生要因の低減に関する指針)Wordファイル/60KBPDFファイル/140KB 2. 07ppm) キシレン: 870μg/㎥(0. 平成23年5月31日 気水第61号PDFファイル/100KB 暫定排水基準の見直しについて 15. 大気汚染 Q4:大気汚染はどうしておこるのですか? 大気汚染とは、私たちが生活で使用している自動車や工場や焼却場などの煙に含まれる汚染物質により空気が汚れることを言い、火山噴火などの自然災害や黄砂などによっても空気は汚れます。.

建築 物 の シックハウス マニュアル. カドミウム及びその化合物に係る暫定排水基準の適用期間を延長する改正を行い、令和元年12月1日から施行します。 1. 08ppm) トルエン: 260μg/㎥(0. 事業者の責務:排出状況の把握、排出抑制等 4. 05ppm) パラジクロ. 環境情報の提供に関する指針Wordファイル/42KBPDFファイル/98KB 5.

6) 1.適用範囲. 東京都環境局: 所在地:〒東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 都庁第二本庁舎 電話:(都庁代表) 多摩環境事務所: 所在地:〒東京都立川市錦町4丁目6番3号 立川合同庁舎: 東京都廃棄物埋立管理事務所. 平成17年2月8日 気水第252号PDFファイル/297KB 環境配慮書の提出、化学物質の適正な管理等について 9. 平成23年度の条例改正に伴い、関係する指針を整備し、平成24年10月1日から施行しています。 1. 公報(令和元年6月25日号外第11号)(PDF:4,997KB) 工業標準化法の一部改正に伴う用語の整理を行い、令和元年7月1日から施行します。. 揮発性有機化合物等の室内濃度測定マニュアル 施設が室内濃度指針値未満に維持されていることを確認するためには、測定が必要です。 施設管理者等が施設を維持管理する上で実施する室内濃度測定について、具体的な手法 を以下に示します。. 平成22年3月31日 気水第244号PDFファイル/112KB 規則で引用する法令の改正等に伴う県規則の改正について 14.

地方公共団体の施策:汚染状況の把握、情報の提供等 3. 新旧対照表(PDF:54KB) 2. 自主管理の推進のため、指定事業所のうち環境に係る一定の管理能力を備えた事業所については、環境管理事業所として認定、さらに環境への配慮を自主的かつ積極的に推進している環境配慮推進事業所として登録を行う制度を設けています。 制度に関する詳細は、「環境管理事業所・環境配慮推進事業所制度」をご覧ください。. 一般排出基準、特別排出基準では大気汚染防止が不十分な地域において、都道府県が条例によって定めるより厳しい基準(ばいじん、有害物質) 総量規制基準: 1. 上記に挙げる施設ごとの基準のみによっては環境基準の確保が困難な地域において、大規模工場に適用される工場ごとの基準(いおう酸化物及び窒素酸化物) これら排出基準には、量規制、濃度規制及び総量規制の方法がある。 大気汚染防止法は、ばい煙排出者に対し、排出基準に適合しないばい煙の排出を禁止し、故意、過失を問わず違反者に対して刑罰を科せられることとなっている。 また、都道府県知事又は大気汚染防止法で定める政令市の長(以下このページでは「都道府県知事等」といいます。)は、排出基準違反のばい煙を継続して排出するおそれがあると認めるときは、当該ばい煙の排出者に対し、ばい煙の処理方法等の改善や一時使用停止を命令することができる。 必要な措置を事前に講じさせるために、ばい煙発生施設を新たに設置又は構造等の変更をしようとする者は、あらかじめ(60日前まで)、管轄都道府県知事等に所定の事項を届け出なければならない。都道府県知事等は、その内容を審査し、当該施設が排出基準に適合しないと認めるときは、その届出を受理した日から60日以内に限り、計画の変更又は廃止を命ずることができる。 ばい煙排出者は、施設から排出されるばい煙量又はばい煙濃度を測定し、その結果を記録しておかなければならない。また、都道府県又は大気汚染防止法で定める市(以下このページでは「都道府県等」といいます。)の職員は、ばい煙排出者が排出基準を守っているかチェックするため、工場・事業場に立ち入ることや必要. 浮遊粒子状物質や光化学オキシダントに係る大気汚染の状況はいまだ深刻であり、現在でも、浮遊粒子状物質による人の健康への影響が懸念され、光化学オキシダントによる健康被害が数多く届出されており、これに緊急に対処することが. ビル管理法に基づく水質検査 井戸水・水道水・公衆浴場・プール水の水質検査.

横浜市建築物シックハウス対策ガイドラインマニュアル 8 l什器選定マニュアル------------------------ 8 2. ほう素及びその化合物並びにふっ素及びその化合物に係る暫定排水基準の適用期間を延長する改正を行い、令和元年7月1日から施行します。 1. 建築物の解体等に係る石綿(アスベスト)飛散防止対策マニュアル(平成29年12月版)を掲載しました。 平成28年11月10日 都有施設におけるアスベスト使用のフォロー調査等の結果(27年度末)(外部サイト) を掲載しました。. はじめに 都市整備局では、施設所管所属からの依頼に基づき学校園や区役所などの公共施設(水道局所管施設を除く)の新築、改築及び改修の設計・工事等を行っております。 当局の工事におきましては、平成14年度以降シックハウス対策を実施しており、. 環境に係る組織体制の整備に関する指針Wordファイル/36KBPDFファイル/141KB 3. ばい煙発生施設ごとに国が定める基準 特別排出基準: 1. 室内空気中化学物質の室内濃度指針値 (厚生労働省) 揮発性有機化合物 基準値; ホルムアルデヒド: 100μg/㎥(0.

横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル

email: anaby@gmail.com - phone:(222) 768-6244 x 4207

Secureback マニュアル - 落札相場 サービスマニュアル

-> ネットワークカメラマニュアル
-> Mql マニュアル

横浜市建築局所管工事揮発性有機化合物 voc 等の室内濃度測定マニュアル - マニュアル


Sitemap 1

オズマlau3マニュアル - 保冷車解体マニュアル